Home > Packing & Fitting > Over Night

※ロールダウンした部分が下方向に引っ張れる位置にセットするのがコツです。

〈OWNシリーズ-パッキング方法(幕営装備)〉

【パッキングの前に】

 側面とサイドポケットのショックコードをゆるめておきます。

 また、上部が長いのでパッキングしやすくするために、上半分を外側に裏返しておきます。

【1.背面パッドを入れる】

 背面に合うパッドやシート(30×50cm)があればセットします。スリーピングマットにインフレータブル

 (エア)マットを愛用している場合は空気を抜いた状態のものを折りたたんでセットします。

 (※背負った時に当たりがソフトになるように若干、空気を残しておくという方法もあります。)

【2.スリーピングマットを入れる】

 クローズドセルマットを筒状にして入れます。(※インフレータブルマットのみの場合は省略)

【3.スリーピングバッグ(寝袋)や着替えなど、圧縮しやすいものを入れる】

 寝袋や着替えなど圧縮しやすいものをつめていきます。特にショルダーハーネスの付け根あたり

 (腰のくびれあたり)は背中側にカーブしてるので隙間ができないようにしっかりつめます。

※大きめのドライバッグを使用する場合は口を閉じないで〈OWN〉に入れ、スリーピングバッグなどを

 しっかりつめてからドライバッグの口を閉じます。

※〈OWN〉はバックパック自体が大きなコンプレッション(圧縮)バッグです。パッキングしながら容積を

 変えていくことができるので、ギアを個別にコンプレッションする必要がなく、パッキングの時間短縮、

 また、バックパック内のデッドスペースを作りにくくします。

【4.水、食料、ギア、ウェア等を入れる】

 テント(シェルター)、クッカー、食料などを入れていきます。固いものどうしの間にできた

 隙間には防寒着やレインウェアなどをつめることでデッドスペースが減らせます。

【5.小物などよく使うものを上部に入れてトップをロールダウン】

 ロールトップを左右同時に巻いていきザックのフロント側に被せるように長さを決めてから各ADCフックの

 位置をセット(フックは必ず切れ込みの両側を差し込んでください)しストラップを引いてしめます。

※ストラップをしめショルダースタビライザーのADCフックの位置を合わせたら、背面部分を手で押して

 背中に合うようにカーブをもどして完成です。

※筒状にしたマットの高さより荷物が多いようであればマットを上に引っ張りあげて高さを合わせます。

(マットを荷物の高さに合わせて引き上げておくとフィッティングの際に身体に引きつけやすくなるため)

Home > Packing & Fitting > Over Night

https://www.flickr.com/photos/ogawand/

https://www.flickr.com/photos/ogawand/
https://www.instagram.com/explore/tags/ogawand/?hl=ja

Posted by OGAWAND Follow me up!

Please put hash tag   #ogawand

お支払いは安心・簡単な決済〈Paypal〉が

ご利用いただけます。また、ペイパルの

アカウントをお持ちでなくても各種

クレジットカードでお支払いが出来ます。


銀行振込でのお支払いも可能です。

ご希望の商品を〈order@ogawand.com

宛にメールでお送り下さい。

※メールフォーマットはこちら

合計金額 ¥10,800以上で配送料無料。

配送料 全国一律 ¥600にてお届けできます。

詳しくは〈お支払いとお届け/ Payment & Shipping〉をご覧下さい。